竹内 肇 (ITコーディネータ、ISMS主任審査員、防犯設備士)

officeta.comのタイトルイメージ

  • ウェブ全体
  • 本サイト内
Powered by Yahoo! JAPAN
メニューライン 会社案内 お問い合せ サイトマップ トップページ  
トップページ >> 代表プロフィール(竹内肇) >>

情報セキュリティアドバイザー 竹内 肇

代表 竹内肇


情報セキュリティアドバイザー

ISMSエキスパート審査員
ISMS主任審査員/クラウドセキュリティ審査員、QMS審査員
Officeta.com 代表 竹内 肇

たけうち はじめ

竹内 肇

プライベート活動



■職歴
  1. 分析装置製造会社にて電子回路設計、マイコン制御プログラム開発に従事する。(約6年)
    ・分析装置の製造・修理部門、回路設計部門を経て、製品開発部門に移籍。新製品開発に係るアナログ・デジタル回路・4bit・8Bitマイクロプロセッサ応用回路設計、及び、マイコンプログラム開発を行なう。

  2. コンピュータソフト開発会社にてプログラム開発、コンピュータ周辺機器の開発・設計に従事する。(約7年)
    ・ミニコンによる各種生産ライン監視システムの制御・分析プラグラムの開発、マイコン組み込み機器の各種制御系プログラムの開発に従事。その後、システム開発部門を設立し、部門長として、生産管理システム、入退出管理システム等のシステム設計、コンピュータ周辺機器(ハード/ソフト及び機構)の開発を行なう。

  3. 青年海外協力隊事業に参加し、マレーシア工業技術短期大学コンピュータ科の講師を務める。(2年)
    ・電子回路、コンピュータハードウェア・ソフトウェアに関する授業・実習を担当、同テキスト作成などを行なう。

  4. 医用用具製造会社にて電子回路設計、生産管理・品質管理業務に従事する。(約9年)
    ・医用分析装置のアナログ・デジタル・16〜32bitマイコン応用回路の設計担当の後、品質管理部門に移籍。部門長として、GMP、ISO 9000に基いた品質管理システムの構築や業務の標準化・効率化を進める。
     (GMP=Good Manufacturing Practiceの略で、薬事法に基づいて、安心して使うことができる品質の良い医薬品、医療用具などを供給するために、製造時の管理、遵守事項を定めた製造管理及び品質管理規則)

  5. この間、パソコン通信の全盛時、ボランティア活動として、京都府が実施するパソコン通信による国際交流ネット KGN(Kyoto Gloobal Network)の構築・運営に参画、また、インターネット普及の兆しの中で、 (社)青年海外協力協会の本支部間のネットワーク活用、Webサイトの開設などに参画、その他民間ボランティア活動団体におけるIT活用等に関する講師、講演など行なう。

  6. 45歳にて、独立を目指して会社を退職。企業経営・法務・税務、産業心理学、IT活用戦略などを学習する。
    ・社会人学生として学習の傍ら、京都市情報教育アドバィザー、IT講習会等の講師、公益法人のIT活用相談等を行ないつつ実践経験を養う。

  7. 合資会社パンカルを設立し、中小零細企業のIT導入及び活用支援事業を展開。(約10年)
    ・「ITコーディネータ」として、中小企業の経営革新支援、新規事業企画支援、Webサイトの構築・運用支援等などのIT経営の促進活動、及び、 「ISMS審査員」として、審査員活動の傍ら、中小零細企業のISMS構築・認証取得支援、プライバシーマーク付与認定取得支援活動を展開。

  8. 地域おこし協力隊事業に参加し、中山間地過疎集落の地域おこし活動に従事。(約2年)
    ・法人活動休止し、過疎化が進行する農村にて、若者の定着、雇用の創出を目指した農業生産法人の設立企画支援を行う。

  9. 2014年より、個人事業(オフィス・タケウチ)として、中小零細企業を対象とした情報セキュリティに関する助言やISMS認証取得支援事業に絞って事業を再開。(現在に至る)



■業務関連資格
 ・ISMSエキスパート審査員(IEX00021)
 ・ISMS主任審査員(ISJ-A00619)+ISMSクラウドセキュリティ審査員
 (一般財団法人 日本要員認証協会 マネジメントシステム審査員評価登録センター(JRCA)

 情報セキュリティマネジメントシステムとしての国際標準ISO/IEC 27001(JIS Q 27001)に適合するマネジメントシステムを構築し、維持している企業を認定する 「情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)適合性評価制度」における、審査員の資格です。
※エキスパート審査員は、主任審査員でリーダーとしての審査経験、並びに、研修会講師等の指導活動を所定回数以上経験し、ISMSに関する指導者としての力量がある審査員に与えられる資格です。

 ・QMS審査員(A22225)
 (一般財団法人 日本要員認証協会 マネジメントシステム審査員評価登録センター(JRCA)

 品質マネジメントシステムとしての国際標準ISO9001(JIS Q 9001)に適合するマネジメントシステムを構築し、維持している企業を認定する 「品質マネジメントシステム(QMS)審査認証制度」における、審査員の資格です。


※これまで、「ITコーディネータ」(資格返上)、「公認システム監査人」(資格返上)、「上級システムアドミニストレータ」など情報処理技術者試験合格、「防犯設備士」などの資格取得を通して、情報技術やセキュリティに関する知識の研鑽に励んできました。

トップページ | 会社案内 | お問い合せ | サイトマップ | リンク集 | プライバシーポリシー